もしもの時に慌てず悔いの残らない葬儀ができるよう、事前準備↓しておきましょう

葬儀・告別式前の準備

 通夜が終了したら、翌日の葬儀・告別式の準備を葬儀社、宗教者、司会者などと打ち合わせをします。

 

 具体的には下記の内容について決定や確認をしていきます。

  • 通夜で使用した供物や供花に加えて、葬儀当日に届いた分があれば並べる順を再度考える。
  • 喪主の方は出棺前の挨拶を考える
  • 出棺時、棺を運ぶ役()をお願いする
  • 弔事(葬儀日時が決まった時点でお願いしておく)をする方へ通夜ぶるまいの時に再確認しておく
  • 弔電すべてに目を通し、全文紹介する2、3通を読む順番も含めて決めておく
  • 宗教者への茶菓子の用意の確認
  • 受付などお世話になった方への心付けの用意
  • 火葬場への同行人数の確認
  • 精進落としの人数の確認

※棺全体の重さ=棺+ドライアイス+故人の体重でかなりの重さになるため男性を
  中心とした6名が必要

葬儀・告別式当日の流れ

仏式の流れ

下記はあくまで一例です。地域や宗派などにより異なる場合があります。

<葬儀・告別式>

一同着席
   ↓  
僧侶入場
   ↓
開   式
   ↓
読経・引導
   ↓
焼香(遺族・親族)
   ↓
焼香(参列者)
   ↓
僧侶退場
   ↓
お 別 れ (棺を囲んで副葬品や花を手向ける)
   ↓
喪主挨拶
   ↓
出   棺

 

神式の流れ

下記はあくまで一例です。地域などにより異なる場合があります。

<葬場祭>
(葬儀・告別式)

 

一同着席
   ↓
斎主・斎員入場
   ↓
開   式
   ↓
祭祀奏上
   ↓
玉串奉奠(斎主、遺族・親族)
   ↓
玉串奉奠(参列者)
   ↓
お 別 れ (棺を囲んで副葬品やお花を手向ける)
   ↓
喪主挨拶
   ↓
出   棺

 

キリスト教式(カトリック)の流れ

下記はあくまで一例です。地域などにより異なる場合があります。

カトリック
<葬儀ミサ>

開   式
   ↓
言葉の典礼
   ↓
感謝の典礼
   ↓
赦 祷 式
   ↓
告 別 式

 

キリスト教式(プロテスタント)の流れ

下記はあくまで一例です。地域などにより異なる場合があります。

プロテスタント
<葬儀式・告別式>

賛美歌斉唱
   ↓
聖書朗読
   ↓
賛美歌斉唱
   ↓
牧師の説教
   ↓
賛美歌斉唱
   ↓
祝 祷〈しゅくとう〉
   ↓
奏   楽
   ↓
告 別 式

「相続」が「争族」にならないようこちら↓の事前準備もおすすめします

「保険の窓口インズウェブ」相続相談サービス

生前相談で、その時までの安心を・・・

TOPへ