もしもの時に慌てず悔いの残らない葬儀ができるよう、事前準備↓しておきましょう

事前相談(生前相談)とは

 もしもの時に慌てることがないよう、人数、場所、費用などを事前に相談し、葬儀のイメージをあらかじめ決めておくことです。

 

 その時になって初めて多くのことを決めるとなると、深い悲しみの中で良い選択ができるかといえば・・・やはり難しいでしょう。

 

 その不安を解消するため、そしてその人らしい心温まる葬儀を実現できるよう、

 

“事前相談” おススメします!


事前相談のポイント@

さて「事前相談に行ってみよう!」と思い立ったら、事前に調べておく&確認しておくことがあります。以下主だったものを挙げてみましたので参考にしてください。

  • 会葬者の人数予測する
  • 式の形式(仏式、神式、キリスト教式)とスタイル(一般葬、家族葬、密葬、社葬)を考える
  • 式を行う場所(自宅、斎場など)を決めておく
  • 【仏式】お墓の有無(菩提寺のある方は連絡先、宗派など)を調べておく
  • 臨終後の搬送先・安置する場所(自宅、斎場、火葬場など)を決めておく

 

各事項の詳細はメニューの 『事前相談へ行く前に(1)』 をご覧ください。

事前相談のポイントA

@の部分が決まったら、ご本人・ご家族でさらに下記の内容についても決めておくと良いでしょう。

  • 臨終の際の連絡する方を書き出す
  • 喪主を務める方を選んでおく
  • 会葬予定者の連絡先を書き出す
  • 遺影を決めておく

 

各事項の詳細はメニューの 『事前相談へ行く前に(2)』 をご覧ください。

「相続」が「争族」にならないようこちら↓の事前準備もおすすめします

「保険の窓口インズウェブ」相続相談サービス

生前相談で、その時までの安心を・・・

TOPへ